読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心で人生を導く

シークレットの引き寄せの法則を通して、人生を楽しむ知恵を身に付けていくブログです。

シークレット お金の秘密

f:id:tamata78:20170420220105j:plain

お金は、それそのものが幸せをもたらすものではありませんが、自分のやりたいことを実現するために必要なツールで、なくてはならないものです。

明確な欲しいものはないけど、お金は欲しいというのは万人に共通する想いではないでしょうか。

ジャック・キャンフィールドさんの富を引き寄せた体験を本から転記してみました。何回も読むことで豊かになるエッセンスを受け取っています。

ジャック・キャンフィールドさんの富を引き寄せた体験

ジャック・キャンフィールド
・・・彼は「あなたに大きな目標をもっていただきたいのです。 それを達成した時には、あなた自身が驚くような大きな目標です。
 
・・・その当初の私の年収は8000ドルでした。そこで、私は「年収を10万ドルにしたい」と言いました。
 
しかし、それをどのように実現するかについては、 何の策も可能性もありませんでした。
 
そこで、ただ、「私はそれを信じ、それが本当であるかのように 行動することを宣言します」と私は言い、その通りに実行しました。
 
ジャック・キャンフィールド
・・・10万ドル札を作り、寝室の天井に貼り、 毎朝それを見るたびにそれが自分の目指すものだと 思い出しました。それから目を閉じ、年間10万ドルを 使う生活をイメージしました。
面白いことにその後、30日間は大したことは起こりませんでした。

ジャック・キャンフィールド
それを始めてからおおよそ4週間後、10万ドルのアイディアが 浮かんだのです。突然ひらめいたのです。
 
私はその頃、本を書いていました。
それで、「この本を40万部、1冊25セントで売れば、 10万ドルになる」と考えました。   今までずっとその本は自分の傍らにあったのに、 その様な事は思いつきもしませんでした。
でも、どのように40万部を売ったらいいのか、わかりませんでした。
 
ジャック・キャンフィールド
・・・その後すぐ、スーパーで「ナショナル・ インクワイアラー」という雑誌を目にしました。  
それまでに、その雑誌を何万回も見ていたのですが、 いつもただの背景に過ぎないという感じで、特に目にも止まりませんでした。  
ところが、それが、突然、私に向かって前面に飛び出して来たのです。
それで「もしも人々が私の本のことを知れば、40万人が私の本を買ってくれるはずだ」と思ったのです。
 
ジャック・キャンフィールド
その6週間後のことです。ニューヨークのハンター大学で600人の先生方を前に講演をしました。 すると、講演後に一人の女性が近寄ってきて、「素晴らしいお話でした。あなたをぜひインタビューさせてください。
 
これが私の名刺です」と言ってきたのです。実は、彼女はフリーランスの記者で、私のことを書いて、「ナショナル・インクワイアラー」 誌にその記事を売るということが起こったのです。
 
ウーン、なるほど、この「秘密」が言っていることは、本当に効果があるのだと感激しました。
 
その記事がその雑誌が載ってから、本が売れ始めたのです。
 
ジャック・キャンフィールド
最終的に9万2327ドルでしたが、これはすごいと思い、 次は、100万ドルへ意識を向けたところ、 その後100万ドルの小切手を受け取ることになりました。

お金を引き寄せたポイント

  • 明確な期間、金額を決めて、達成したかが分かるようにした
  • お金を引き寄せるための方法を知らなくても信じてそれが本当であるかのように行動した
  • 毎日、目標を達成したようにイメージするために10万ドル紙幣を作って天井に貼った
  • インスピレーション(思いつき)が湧いたらそれを信じてそれに従って行動した

具体的にお金を引き寄せるイメージしてみる

2018年の年末に5000万円をイメージしてみます。 銀行に5000万を超える貯金がある画面キャプチャを作成してみました。

毎日眺めて、5000万がある場合の生活イメージします。 意外と変わらないですが、投資で3000万円を運用して投資ライフを楽しんでいます。

年に2回は海外旅行に行き、南国やヨーロッパを散策しています。お気に入りの静かなカフェでブログを書いています。

イメージして、そのイメージの感覚を味わうことでその周波数を発信して、その状況を引き寄せていきます。

お金が足りないことにこだわっていては、お金を引き寄せることはできません。

あなたは、その時にお金が足りないという思考をしているのです。 富を引き寄せるには裕福な状態に意識を集中させなければなりません。

お金が流れ込むのをせき止めている場面

お金が必要なときに「お金が足りない」というあなたの気持ちがあなたの中で強くなります。
そうすると引き寄せが働き、お金が必要な状況が次々に作り出されてしまう。

お金は十分にある考え、ただ浪費はいけないお金を上手く活用しよう。 と考えるなど、足りないに意識を向けないようにしていくことが肝心です。

豊かさを引き寄せる言葉

  • 「私には十分にお金がある。それを買うことができる」 オウム返しのように繰り返して言う
  • 「私にはそれを買うだけの力がある。私はそれを買うことができる」と言う。
  • 素敵なバカンスのことを考えたら、「私には経済力がある」と言う。
  • お金は容易にかつ頻繁に入ってくる
  • 私はお金を引き寄せる磁石のようだ
  • 私はお金が大好きだし、お金も私が大好きだ
  • 私は毎日お金を受け取っている。ありがとう。ありがとう

自分に不足しているものや欠けているものに意識を向けたり、 そのことに対して騒ぎ立てたり、友人たちとその話をし、子供にまで
「わたしたちには余裕がない、それを買う力がない」などと言うと、
決してそれを実現する経済力は持てません。

常に豊かさに意識を向ける上記の様な言葉を使って、人生を楽しんで行きましょう。

言葉の使い方を変えることは 考え方、人生を変えるパワフルなものとなっていくでしょう。